気ままな 汽車好き

時にはこだわり 時には気まぐれな 汽車好きのたわ言です

マンション・リフォームへの道 ≪2≫ 予算はどんなけ許される?

 前篇はこちら ⇒

傷む水廻り ●

 当初の目的通り水廻りだけのリフォームにするのか? それとも全面リフォームとするのか?
 水廻りに限らず傷んできている。ウオッシュレットが水漏れしていることは前回述べた。でもそれだけでは無い。他にもこれだけ痛みがある。
 ・浴室の混合水栓の温度調節範囲が狭くなった(ぬるま湯 or 熱い湯しか出ない)
  ⇒ 必要な湯の温度は大体決まってるので、分解して自分で調整
 ・流しの混合水栓の出が微妙に悪い
  ⇒ 娘を叱った際に思いっ切り蛇口をド突いたせい・・・
 ・(台所の)ガス給湯器の操作盤がウンともスンとも云わない
  ⇒ 風呂にある操作盤で操作してるが予約は出来なくなった

f:id:hato_express:20210922014310j:plain ・カビ問題:風呂,洗面所(天板とボールの間のシール部)
  ⇒ シールし直すのが簡単だが、流しも含め一体型にしたい(らしい)

f:id:hato_express:20210922014307j:plain ・和室の床に凹みが出来ている
  ⇒ 浮き床の脚が縮んでしまった?
 ・FRP浴槽の劣化(黄色味を補正したかったが出来なかった・・・)

f:id:hato_express:20210922014305j:plain ・ガス給湯器の寿命問題(そろそろ交換時期?)
 ・照明のLED化
  ⇒ 特にコンパクト型蛍光灯は高価なので、それなら早くLED化したい

f:id:hato_express:20210922014302j:plain

 結構あるな。

ライフプランナー

 水廻りだけのリフォームでも結構な費用となる。それなら全面リフォームしてしまって満足の家を・・・と思っても、どれだけの費用までが家計で支えられるのかが見当が付かない。
 そのような悩みを話すと、あるリフォーム会社がライフプランナーを紹介してくれた。事前に下の用紙が渡される。当たり前だが、今の生活をしっかり把握しておく必要がある。

f:id:hato_express:20210922004249p:plain 用紙への記入は妻がしっかりしてくれたので、当日はスムーズに相談は進んだ。プランナーから念入りに聞かれたのは、今後の生活について。リフォームした結果資産が底を突き、何も出来なくなるのはアホらしい。そこで少々遊行費を多めに見積もってみたが、思った以上にリフォームの予算が取れることが判った。それ以外にも将来の生活設計もしてくれる(これをしとかないとリフォーム予算が算出出来ない)ので、非常な安心感を得ることが出来た。これはお勧め!しかも無料

全面リフォームに舵を切る ●

 なら全面リフォームを考えてみよう! 計画は1から見直し。全面リフォームされた家を訪ねてみたり、水廻り以外を見るために新たにショールームに行ってみたり・・・
 この記事を参考にしてもらうには、この辺りで “すいてつ” の置かれている環境を幾らか詳しく述べておかねばなるまい。
 ・妻は5歳下
 ・ “すいてつ” は今年一杯で定年再雇用(定年延長のハズがコロナでパー・・・)
 ・借金は無し
 ・妻は一時期パートに近い状態にあったものの、それ以外は正社員で共働き
 ・リフォームするのはマンション 築17年 大規模修繕実施済
 ・ガス式床暖房標準装備
 ・子供達は独立したばっかり(未婚) ペット無し(飼うことは出来る)

 全面リフォームが大きな問題なしに出来るのは、特に散在もせず地道に働いてきた結果かな・・・

 ⇒ 次篇に続く