気ままな 汽車好き

時にはこだわり 時には気まぐれな 汽車好きのたわ言です

821F 一般運用に就く ③  (近江鉄道 2020.10/11・16)

821Fの前記事はこちら ⇒

彦根詣で ◇ 2020.10/11(日)

 佐久良川河川敷からは29km:85分掛けて・・・では無く、「朝日大塚」駅から8104レ:サイクルトレインで「ひこね芹川」駅へ。そこからは彦根車庫までは輪行となる(彦根駅サイクルトレインに対応していないので)。車庫を眺めてみると、何と湘南顔の全電車が集結している! (11:55頃:スマホにて撮影)
*上写真
 103F:跨線橋
 101F:8104レ停車中
*下写真
 901F:車庫右奥全検中
 104F:車庫中線
 301F:車庫左洗浄線
 105F:804F(朱電:土山たぬき号)の次位
 102F:105Fの次位 
 101F:最左8104レ発車

f:id:hato_express:20201017144757j:plain

f:id:hato_express:20201017144800j:plain
 いやー、珍しい瞬間に立ち会うことが出来た。

◇ 昼のひととき ◇

 101F潮風号が下って来る前に彦根口駅に先廻り。そう、またまた対向シーン狙い。そして上って来る電車は821F。何とも地味な並びだが、お色直し間もない潮風号との今だけの顔合わせを見ることが出来た。 (821F:8106レ 101F:1807レ 彦根口 12:41)
f:id:hato_express:20201015214637j:plain

 動画はこちら ⇒

◇ 帰りも輪行で ◇

 次の電車(821F)を待って八日市まで戻り、自転車を置いてから再び近江鉄道に乗るとなると、近江八幡着は15時になる。1時間後の821Fを待たずにもし駐輪場まで走ったとすると・・・ 実際に走ってみると20kmちょっと先の駐輪場までは1時間で着き、八日市線に乗り継いで近江八幡へは14時に到着することが出来た。少々しんどいが、1時間の差は大きい。それにしても1日でよう走ったなぁ(50km位)。

◇ 撮れなかった朝の運用 ◇ 2020.10/15(木)

 821Fが当たり前のように長運用に出庫して無事入庫した。そうなるとその次の運用は注目の的だったのに、肝心の日に寝逃した・・・ でも多分入庫して終わり、と思っていたらフォロワーさんから大ニュース。821Fが順当に流れているとのこと。この朝定点撮影を行っていたら撮れた列車。誠に残念。

◇ 花金の嬉しいプレゼント ◇ 2020.10/16(金)

 前日に撮れなかったのは誠に残念(←まだ言ってる)。では今日は撮れない? 実は平日夕刻2番目に出庫した運用は、 寄り道すれば朝に撮り易い場合が多い、 “すいてつ” にとって。なので早速寄り道を実行。
 前日は快晴だったが、この陽は雲が多いものの好い陽射しが差し込む まずまずの撮影日和。電車がギラリと輝いてくれた(本来の狙いの切り位置とは異なるのは内緒)。前面が陰だが、それがかえってLED幕や前照灯の光を強調する効果を生んでくれている。 (821F 2901レ 太郎坊宮前-市辺 6:35)
f:id:hato_express:20201017213546j:plain
f:id:hato_express:20201017213542j:plain
 後追いも長閑でイイ感じ。尾灯が点いてないのが残念。

 ところで、花金なんてもう化石状態の元流行語? 知らない人は調べてみて。

 動画はこちら ⇒

◇ 821Fは予備車の帝王の座を返上? ◇

  “すいてつ” が本格的に近江鉄道を追いかけ始めた時には、既に821Fは予備車の中の予備車となっていた。時折運用に就いても、2日で入庫する短運用ばかりで、6日周期の運用には突発で運用変更で就くことしかなかった。 なので “すいてつ” が6日周期の長運用に821Fが就くのを見たのは初めて。しかも今回は引き続き次の長運用に入っている。ひょっとして821Fは予備車の扱いを解かれた? 10/20(火)の入庫後の動きが注目される。

 次篇はこちら ⇒